ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

今さらですが有馬記念寸評

半年ぶりの競馬記事は、先日、12月28日に行われた、第59回有馬記念(G1)について。 競馬週報的に、全出走馬の寸評を書いてみたいと思います。 但し、週報とは逆に、カウントダウン方式でいきます。 上位の馬を後にした方が、最後まで読んで頂けるかな、という作戦です(笑)。

では、まず16着から。

<16着> オーシャンブルー 一昨年の2着馬。気になって押さえてはいました。 力関係もあったが、大外枠は不運。しかも、塩原アナに名前まで間違われてしまうなど、踏んだり蹴ったりだった。

<15着> メイショウマンボ パドックで1頭だけ、寂しく映った。応援しているんですが…

<14着> ヴィルシーナ 予想通りの逃げで、力は出し切った。 大魔神をG1オーナーにした孝行娘もこれで引退だそう。お疲れさまでした。

<13着> ワンアンドオンリー 秋4戦目で有馬はやはり厳しかった。ヒモには押さえておきましたが。 ただ、世代トップ級の力はあるはずなので、まずはゆっくり休んで。

<12着> ウインバリアシオン 昨年2着馬、春天でも2着した実力馬ですが、今回は、取り立てて見せ場がなかったように思いました。

<11着> サトノノブレス 上がり時計は2番目の速さでしたが、今回の流れで後方からでは厳しかった。残念。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by ビッグアーチの雪
  • 2014/12/31 14:38

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック