フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ガラパゴスの星②

ボクシングの世界王者のステイタスは時代とともに低下、今では数だけなら過去最高の王者を抱えながら、その名前は一般の人にはほとんど知られていないのが現状です。60年代、ファイティング原田の名前は長嶋茂雄を凌駕する重さを持っていました。巨人大鵬卵焼きの時代のテレビ視聴率で原田は巨人戦をはるかに上回る数字を叩き出していたのですから、それも当然でした。この傾向は具志堅用高の70年代まで何とか続きますが、世界戦ですらテレビで放映されないことがある今日では考えられません。

世界戦があった翌日の学校の教室で男の子を中心にその話題で持ちきりだった時代は、今や遥かに遠い昔です。山中慎介や井上尚弥を知っている子供や主婦がどれだけいるでしょうか?

もちろん、観戦スポーツが相撲と野球、ボクシングしかなかった時代と同じように語るのは不公平です。事実上の国技・野球にしても60年代の長嶋茂雄と、現在のイチローや大谷翔平の存在では前者の方が比べようもなく巨大であったことは仕方がありません。一元的な価値観で測れる幸せな時代は、とっくの昔に終わっているのですから。

しかし、プロ野球がその出発点、原点である「アメリカ野球に追いつく」という素晴らしい理想に限りなく近づいている一方で、プロボクシングの世界は世界的な趨勢で日本だけの問題ではないとはいえ、階級と王者の粗製濫造によって自らの価値を貶めてしまっています。日本人がメジャーリーグやオリンピックで大きなタイトルを獲れば号外、ニュース速報ものですが、ボクシング界では何を成し遂げたら号外が出るのか全く見えてきません。

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by tanutan
  • 2017/03/04 11:48

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック