フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

パックマンはどこへ行くのか

マニー・パッキャオの次戦が誰とどこで戦うのか大揺れに揺れています。

当初、トップランク(TR)のボブ・アラムから発表されたのは豪州のブリスベーンで地元のジェフ・ホーンと初防衛戦を行うというものでした。「ジェフ・フェネックとアズマー・ネルソンの対決よりも大きなイベントになる。パッキャオの名前はこの二人よりもはるかにでかい」と、1992年にメルボルンに3万7000人を集めた剛腕対決を凌ぐ関心を呼ぶとホーンサイドは盛り上がっていたものの、パッキャオはツイッターで「何も決まっていない。ホーンのことも何も知らない」とこの発表を否定。

さらに「次はUAEで戦う。みんなは私に誰と戦って欲しい?」とファン投票を募ります。総数4万4815票の中で“当選”したのは48%とダントツの得票をマークしたアミール・カーン。以下、ケル・ブルック24%、テレンス・クロフォード21%でホーンは7%に終わりました。

かつては「誰とでも戦う」と言いながらも「次は誰になるかはプロモーターが決める」とアラムに一存していたパッキャオですが、両者の関係はかなり変質しているように見受けられます。聖人君子キャラに見られがちな(でもないですかね、世界的に非難された差別発言なんかもありましたし)パッキャオですが、トップランクとゴールデン・ボーイ・プロモーション(GBP)という2大プロモーションと二重契約を結んでいたこともあり、非常に打算的な面も持ち合わせています。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by tanutan
  • 2017/03/07 21:46

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック