フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

先週のびわ湖毎日マラソンで、今シーズンの主要なマラソンレースが終わりました。予想通りの結果を低調というのが正しい評価かどうかはわかりませんが、今の男子マラソンは停滞を通り越して後退していると言われても仕方がない状況です。

世界のマラソンがエチオピアとケニアの2強に偏重し、2時間斬りに迫る高速化に突き進む中で、後退していては勝負になるわけがありません。実際、レベルの高い国際的な大会での日本人選手はスタートから勝負に参加することを諦めた惨めなレースを強いられています。アフリカの2大国の選手は「オギャーと産まれた時からものが違う」(小出義雄)から、「同じことをやっていては絶対に勝てない」(原晋)のは明らかです。

日本が世界のマラソンが仕掛けた“スパート”にどんどん離されていく中で、不思議な現象が起きています。箱根駅伝の人気沸騰です。この1年で振り返っても、箱根の視聴率はサッカー・クラブワールドカップの決勝に進んだ鹿島アントラーズとレアル・マドリードとの一戦をも凌駕して、スポーツ中継でナンバーワンの数字を叩き出しました。

そして日本テレビが全国中継に乗り出す前の80年代から、箱根のレベルもその注目度に正比例して驚異的な上昇を見せました。

当時、関東の大学で長距離を走っていた鈍足ランナーから見るとその急成長はにわかに信じられないほどです。80年代の箱根はシード10校、予選会からの勝ち上がり5校の計15校で本戦が争われていました。現在はシード11校、予選勝ち上がり9校の20校まで枠は広げられています。本戦はご存知の通り距離やコースの変更などがあり、当時との単純比較は出来ませんが、予選は大井埠頭から昭和記念公園に場所は移りましたが、距離はほぼ平坦な20キロのコースで変わっていません。予選会は各大学から14人まで出場でき、その上位10人の総合タイムで競います。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by tanutan
  • 2017/03/08 13:46

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック