フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

サーマン対ガルシアは歴史に残る名勝負になるか?③

1985年のカリーは、圧倒的な実力差を見せつけてライバル王者を撃ち落としただけでなく、PFP1位のハグラーへの挑戦資格を賭けたテストにも満点回答しました。1999年のデラホーヤは戦前の盛り上がりが虚しくなるような消化不良の戦いぶりに失望されました。

さて、2017年のサーマン対ガルシアは?

リング誌:2013年12月号

多くの予想で不利とされているガルシアに焦点を当ててみます。リング誌2013年12月号が番狂わせでルーカス・マティセを撃破したガルシアを特集、カバーでは「ダニー・ガルシアは試合と小賢しい批判の両方に打ち勝つ術を知っている」。特集記事のタイトルはNO MORE BOUBTS!(これ以上疑うな!)。そう彼はビッグファイトでは常にアンダードッグ扱いを受けてきました。しかし、専門家やファンの過小評価が間違っていることを常に証明してきました。このリング誌は3年以上前のものですが、その時すでに「ガルシアは過小評価、本物の王者」と見直されているのに、サーマン相手にまたもや不利予想。これにはウエルター級に上げてからの戦いぶりには傑出したものが無いことも大きいでしょう。リング誌の表紙を初めて飾ったこの時から3年が経ちますが、2度目のカバーが無いこともその事実を如実に表していると言えそうです。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by tanutan
  • 2017/02/26 02:41

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

サーマン対ガルシアは歴史に残る名勝負になるか?③

サーマンが強気に打ち合ってくれれば、打たれ強さのてんでは、ガルシアが有利なのでは?ヒット&ウェイされると空振りが増えて威力半減かな?とにかくサーマンをカリカリさせて冷静さを失わせて打ち合いに持っていけば勝てるよ!

posted by マチャアキ
コメント投稿者ID:TCE00076693
2017/02/27 07:38
コメント支持(1)

「サーマン対ガルシアは歴史に残る名勝負になるか?③」へのコメント

マチャアキさま

カーンやマティセに対しても押されながらも耐えて、逆転しましたからね。サーマンはカーンほど打たれ弱いとは思えないし、マティセよりも攻撃力は上でしょうが、相性はけして悪くないように見えます。ジュニアウエルター級での躍動感が影を潜めているのが懸念材料ですが。

posted by tanutan
コメント投稿者ID:tanutan
2017/02/27 08:15
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック