Fight!! Kei NISHIKORI

錦織SF進出は果たせず。惜しくもソックに敗れる。

昨年と同じQFまで進んだ錦織でしたが、初のSF進出とはなりませんでした。世界18位のジャック・ソックに3-6,6-2,2-6のフルセットの末に敗れてしまいました。まずはスタッツから。右が錦織です。

第1セットは出だしでいきなりブレークを許してしまうと、その後もソックの強烈なショットに押される展開となり今大会初めてセットを失います。 第2セットはミスが増えてきたソックから、ストローク戦でポイントを奪えるようになりブレークに成功してセットを取り返しました。 第2セットで調子を上げてきたかのように見えた錦織でしたが、第3セットは再び出だしでブレークを許してしまうと、その後挽回できませんでした。 スタッツではソックのセカンドサーブでのポイント獲得率と錦織のそれとは対照的になっているのが目立ちます。インディアンウェルズの跳ねるサーフェスをソックが上手く生かしていた印象です。ですが、ファーストサーブのポイント獲得率やリターンに関しては錦織のほうが上回っています。第1、第3セットの出だしでブレークされたのがかなり痛かったですね。流れが悪くなってしまいました。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by tennislife
  • 2017/03/18 12:40

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック