東海スポーツ

【陸上競技部】駅伝チーム特別連載① 村澤明伸(前編)

新チーム始動!!   新主将 上原を中心に新生東海がスタートを切る tokaisports-365000.jpg 「東海大 箱根駅伝予選会敗退」 10月20日に行われた箱根駅伝予選会。その直後から何度となく、この言葉が報道された。40年連続で本戦に出場していた伝統は途切れ、11月4日の全日本大学駅伝でも12位と苦汁を飲んだ。「力不足としか言えません」。両角速駅伝監督(体育学部准教授)の答えは常に一つだった。そして言葉を続ける。 「今年の結果をどう生かしていくかに懸かっている。大きな飛躍を遂げるためには沈む度合が大きい方が良い。いつまでも下を向かずにこの悔しさを成長の糧にしたい」 tokaisports-365001.jpgその言葉を体現するように、上原将平(体3・写真最上部)を主将に据えた新チームはすでに来年度に向けて走り始めた。新チームのテーマは〝初心~原点回帰~〟。上原は「予選会、全日本での悔しさは自分たちの原点。この気持ちを忘れないようにという思いを込めた。あらためて自分たちはなぜ走るのかを考えたときに出てきた、競技をすることができる喜びや楽しさ、そういう初心を常に意識して練習しようと思った」と理由を話す。 12月2日、3日に行われた日本体育大学記録会には、自己ベスト更新を目指し、22選手が出場。小林巧(体1・写真左)が5千㍍、1万㍍の両種目で。さらに18選手が目標を達成するなど、新チームは上々の滑り出しを見せた。途中から降り出した雨や気温の低下の影響を受け、早川翼(理4)や石川裕之(工2)は記録に届かなかったが、「寒さで体が動かなかったが、考えていたよりも走れて感覚は良かった」と石川。悪条件でも手応えを感じた様子だった。 チームは12月9日に行われる東海大記録会を経て、鍛練期へと移行する。まずは2月、3月に行われるロードレースでの飛躍を目指し、来季の箱根駅伝出場、そしてシード権獲得へ。一度どん底を味わったチームは“箱根無き冬”を実りあるものにすべく、泥臭く徹底的に走り込む。(野瀬) 東海スポーツではそんなチームをさらに盛り上げるべく、新連載をスタートさせます。1人の選手をピックアップし、今季の振り返るとともに来期のチームへの思いを記事にしていきます。第1回は村澤明伸選手(前編)です。 ☆記事は続きを読むへ→

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by tokaisports
  • 2012/12/04 20:58

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック