東海スポーツ

【陸上競技部】箱根駅伝 区間エントリー発表

箱根駅伝 区間エントリー発表    早川翼 関東学連のエースとして花の2区に tokaisports-369395.jpg 1月2日、3日に行われる箱根駅伝の区間エントリーが発表され、東海大からは早川翼(理4)が関東学連選抜の2区にエントリーされた。早川は1年時に3区、2・3年時は5区を走っており、初めて“花の2区”を走ることとなる。最後の箱根路に挑む早川の胸中に迫った。(野瀬) インタビュー記事は続きを読むへ→

tokaisports-369401.jpg――箱根駅伝まで残り数日となりましたが、今の心境は?  いよいよといった気持ちです。直前になればもっと緊張してくると思いますが、今は楽しんでやろうという思いですね。 ――11月4日に行われた全日本大学駅伝から今日まで、一人で箱根駅伝に向けた調整を続ける特殊な環境が続いたわけですが、難しい部分もあったのでは?  そうですね。寂しかったというのが率直な思いです。完全に別メニューでの調整になりましたから。やっていて「やっぱりチームとして出たい」という思いが強くなっていきましたし、みんなと走りたかったですね。 ――12月の中旬には学連選抜での合同合宿が組まれたようです。  今までほとんど関わることがなかった他大学の選手たちと一緒に練習しました。タスキをつなぐ選手をはじめ、多くのランナーと話すことができました。学連選抜というチームで走るわけですから、少しでも一緒に練習していくことが大切だと感じましたね。 ――早川選手にとって、毎年12月はなかなか調子が上げることができず、苦しんできた印象があります。今の調子はどうですか?  そうですね。今は少し股関節に痛みが出るときがあったので、気になってはいましたが、特に問題はありません。調子自体も昨年とは比べ物になりません。今が良いというよりかは、前回が悪過ぎました。走れば走るだけ、疲れが出てしまい、走っていても進んでいる感覚がありませんでしたから。あの状態でよく走り切ったと思ってしまうほどでした。 ――前回大会(5区 区間14位)に終わり、「他校の選手に早川には勝てるという印象を与えてしまった」と話していました。区間は違いますが、その悔しさを晴らしたいという思いもありますか?  そうですね。箱根駅伝という大舞台ですし、東海大を代表して走るわけですからしっかりと走りたいと思います。 ――2区にエントリーされることを聞いたときはどの様に感じましたか?  今まで村澤(明伸・体4)が走ってきたエース区間。少し形は違いますが、その区間を走るチャンスをもらえたということでうれしかったです。エースが集まるところですし、しっかりと勝負できればと思います。 tokaisports-369402.jpg――多くの選手が走りたいと語る花の2区ですが、早川選手にとってはそこを走れるよろこびよりも、村澤選手が走っていた2区を走れるという気持ちが上回っているのでしょうか?  そうですね。自分は全国高校駅伝にも出場したことが無かったので、大学入学当初は駅伝への思い入れはほとんどなかったです。「箱根駅伝を走れれば良いかなぁ」といった感覚でした。ただ、1年の時に初めて3区を走って、沿道の声援の大きさや大舞台を走れることがとても楽しかったんです。そこで駅伝の印象は変わりましたし、どの区間でも良いからチームに貢献したいと思いました。だから2区に対するこだわりは特にありません。村澤が走っていた区間に自分も挑戦できるという思いですね。 ――鍵となるのは権太坂だと聞きます。この難所について考えていることはありますか?  過去2年、山を登っているので坂は大丈夫です。ただ、2区のハイペースで走らなければならないという難しさはあると思います。 ――先ほど「東海大の代表として」という言葉がありましたが、個人としても最後の箱根駅伝です。最後にどういった思いで走るのかを教えて下さい。  走ることが好きで陸上競技をやっていて、自分の好きなことを多くの方に見て頂ける場所が箱根駅伝でした。今回は特に多くの仲間にサポートしてもらって走ります。彼らの思いも背負ってしっかり走りたいです。そして学連選抜として、10位以内に入り、来年の箱根駅伝に出場できる枠を増やしたいですね。良い走りを後輩に見せるよりも、形のある枠を一つ増やす結果を残してあげられればと思います。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by tokaisports
  • 2012/12/29 13:50

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック