サンチェス・ピスファン

ローズSを簡単に

こんにちは。

いやぁあれでゴロフキン勝ってないのか。。 判定は本当にわからないわ。

さてローズS。

時間もないし簡潔に。

本命は早くから決まっていてカワキタエンカ。 中1週と強行軍の桜花賞で 速いペースを演出しながら粘った根性は秀逸で 当時のレース回顧でもローズSで狙いたいと書いたし初志貫徹で。

枠は少し外になったが メンバー構成を考えれば単騎で行けそうだしこういう時はノリも魅力。 中長距離での逃げは今なお最も上手い騎手だと思う。 何度も言うが カワキタラブポップの娘がカワキタエンカってセンスも好き。 是非ともエンカの仔はカワキタクラシックであってほしい。

さて、相手は馬場を重視したい。 ミリッサとレーヌミノル。 馬場が渋れば能力全開のダイワメジャー産駒。 桜花賞馬のレーヌミノルはもちろん 前走レースが終わったところから差し届いた ミリッサも相当に強くなっている。 本来キレ味タイプは馬場悪化で割り引きのケースが多いが 父譲りのパワーがあればむしろ重戦車のごとく伸びてこないか。 思えば去年も酷い馬場を姉がぶっ差したわけだし。

◎カワキタエンカ ▲レーヌミノル ▲ミリッサ

すんなりと3頭にまとまった予想だし3連単まで遊ぶ。

3頭の単と、3頭BOXで馬単、3連単。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by two-match-down
  • 2017/09/17 13:30

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック