スポーツ えっせい

マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け

 今日ラスベガスのMGMグランドアリーナで行われたマニー・ パッキャオvsファン・マヌエル・マルケスの第4戦は、マルケスが 右ショートのカウンター一撃で6R2分59秒KO勝ちし対パッキャオ 戦初勝利を挙げた。  過去3戦は初戦がパッキャオが1Rに3度のダウンを奪いながら 引き分け、2戦目&3戦目はパッキャオの判定勝ちだったものの いずれも僅差での決着だった。  基本的にマルケスがカウンターパンチャーという事もあり パッキャオが攻めてマルケスがカウンターを狙うという展開に なるだろうとは思えたが、4度目ともなればマルケスがパッキャ オの攻撃パターンをしっかり読んで絶妙のカウンターをヒット させるのか?39歳になるマルケスをパッキャオが馬力で制す のか?  試合は1Rからパッキャオが攻勢に出て左を中心にヒットさせ るのに対しマルケスは打ち終わりに右ストレートや左フックを 合わせるというおなじみの展開で進んだが、3Rにマルケスの 右ロングフックが まともにヒットし4戦目にして初のダウンを奪う。  4Rをダメージ抜きに費やしたパッキャオは5Rに右ジャブで マルケスの左を誘い出して左ストレートで逆にダウンを奪い 返し一気に畳みかけるがマルケスも巧みなカウンターで反撃 して凌ぎ6Rを迎える。  ダウンを奪った事で流れを掴んだと思われたパッキャオは 更に攻勢を強めラウンド終盤に左ストレートを打ち込もうとした 瞬間にマルケスの右ショートのカウンターがクリーンヒットして パッキャオは前のめりにダウンし失神KO負けを喫したのだった。  個人的には‘KOならパッキャオ、判定ならマルケス’と思って いただけに最初にパッキャオがマルコ・アントニオ・バレラ戦 以来のダウンを喫した時は驚いたものの5Rにダウンを奪い 返した時点で流れがパッキャオに来たという感じだったし6Rも あのまま行けばパッキャオのラウンドだろうと思われたのだが、 そこに待っていたのがマルケスの右ストレートのカウンターだ。  通常の相手ならパッキャオが左を打とうとすると強打を恐 れて下がるものだが、マルケスは そこに右ストレートのカウン ターを合わせたのだから たまらない。  とはいえ この試合を ひも解いていけば3Rに最初のダウンを 奪った右ロングフックのカウンターが最終的に試合の流れを 引き寄せたのかもしれない。  過去3試合でマルケスが右ロングフックを打ったのを見た 事がなかったので死角から飛んで来たフックをヒットされた 時には驚いただろうし、フィニッシュとなった6Rの右ストレート も3Rの右ロングフックが頭にあったので あそこまで鮮やかに 決まったのではないかと思うのだ。  それにしても衝撃的な結末だったし一瞬で勝敗が入れ 代わる‘これぞボクシング’という内容だったし、有料でも WOWOWに加入していて よかったと痛感するものだ。  こういう素晴らしい試合が あるからこそボクシング観戦は 止められないし、5日前に行われたボクシングもどきショーで 汚された目が洗い流されるような爽快な気分だった。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2012/12/09 23:49

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け

パッキャオはファンに楽しんで貰える試合をしただけ!
亀田兄みたいに?本当になにがなんでも勝ちたい試合は決して打ち合わないでショートカウンターでポイント重視の試合になる。

ジョー小泉さんも解説してたけど、パッキャオ調子にのったら駄目ですよ!と、・・・まさにその直後、無防備で突進して!がら空きの顔面にヒット!!

プロボクシングなのだからファンにとっては楽しい打ち合いの試合!しかし?最近徐々にパッキャオに反射スピードが無くなったような気がする?

再選すれば勝てるかもしれないが?今の動きだと、どの相手からもカウンターを受けることになりそう・・・。
そして、それが原因で?引退がかなり近くなると思う。

posted by ファイティング・カズ
コメント投稿者ID:OOH00004744
2012/12/10 18:49
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック

12/10のおすすめ