スポーツ えっせい

さらば松中信彦

 今年のプロ野球交流戦も1試合を残して終了し13日にホークスが 優勝を決めたのだが、その裏で1軍に復帰しヒットを放った松中 信彦が起用法への不満から無断帰宅して優勝セレモニーを欠席 したため無期限2軍落ちという残念なニュースが明らかになった。  ここ数年ケガがちで まともに試合に出られなかったにも拘わらず、 起用法に不満を募らせての優勝セレモニー欠席という事態に秋山 幸二監督も怒り心頭で下手すれば今シーズン限りで戦力外通告に なりかねない。  最初に松中の名前を知ったのは96アトランタ五輪で日本代表の 4番として勝負強いバッティングで活躍し銀メダル獲得の原動力と なったし、特にファイナルのキューバ戦で一時は同点となるレフト への満塁HRは忘れられない。  ホークスに入団して3年目の99年からレギュラーに定着し4番の 小久保裕紀よりも勝負強いバッティングが印所に残っていたし、 04年には平成唯一の三冠王になるなどホークスどころか日本を 代表する打者の1人となった。  ただ当時から気になっていたのは例えヒットを打ってもフォームが 悪いとベース上で思い悩むシーンが多く、並外れた猛練習はする ものの明らかなオーバーワークと思われるぐらい追い込んでケガを 誘発して更に泥沼に嵌るケースがあった事。  特に09年などレギュラーシーズンに右膝半月版を痛めながら強行 出場し、まともに走れない中でヒットを打つと足を引きずって歩く ようにしていた姿を見て ‘気持ちは分かるけど、今 無理をして肝心のCS以降に出られ なければ本末転倒だ’と思っていたら案の定CSを欠場する事に なるなど‘もう少し体と相談してプレーしないと’と思っていた。  以前 講演で中西太氏が ‘昔と違って今は選手寿命が延びているので歳を取ったら若い頃 のフォームから体に負担がかからないフォームに変える必要が あるのに、自分のフォームに拘って維持するため無駄な筋力 トレーニングでビルドアップして下半身にダメージを与えてしまい まともに走れなくなる選手がいる’ と語っていた事があるが松中も その1人だろう。  猛練習で今の地位を築いたのは尊敬に値するものの年齢を重 ねると体と相談してオーバーワークだけは避けなければいけない のに、年齢的な衰えを無視して若い頃と変わらないトレーニングを して故障を誘発させるという最悪の事態を招いているにも拘わらず やり方を変えようとしないのは理解に苦しむ。  プロは結果が全てだから若い頃と同じ猛練習をして結果が残せ ればいいのだが、毎年のようにケガで離脱し昨年と今年はHRや ヒットを打って走り出したはずみで肉離れを起こして離脱という 常識では考えられない事態に陥っているのだ。  年齢的に力が衰えても小久保裕紀に代わるチームの精神的 支柱として支えるという役割もあるし、首脳陣がケガが多いにも 拘わらず1軍に上げたのも それを考慮しての事だと思う。  それを台無しにするような今回の行為をしていれば後から謝っても 後の祭りだし、もはやホークスに彼の居場所はないだろう。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2013/06/16 23:07

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

さらば松中信彦

奴には、呆れた…
残念だが、彼にはリーダーの資質はない、まあ、小久保トレード後のホークスを見れば想像出来ましたが

仰る通りのヒット、ホームランの後のランニングで肉離れとか、アスリートではありません

posted by いけいけ太郎
コメント投稿者ID:OOH00041442
2013/06/18 15:59
コメント支持(6)

さらば松中信彦

ふがいない自分自身への苛立ちから、
起こした行動とはいえ目に余りますね。

周りに信頼できる人もいないのでしょう。
今年で退場でしょうね。

posted by 裕紀推し
コメント投稿者ID:OOH00034771
2013/06/18 23:09
コメント支持(3)

よく読まれている記事
トラックバック