スポーツ えっせい

高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・

 早いもので今年の夏の甲子園が終わって もうすぐ10日が経ち、 甲子園を沸かせた高校生達の一部は台湾で行われるU-18世界 選手権に出場する。  今年の夏の甲子園は初出場の前橋育英が岩国商・樟南・横浜・ 常総学院・日大山形に延岡学園に勝って優勝を飾ったのだが、 何といってもターニングポイントになったのがベスト8での常総学院 戦だろう。  0-2と9回2アウトまでリードを許し6番の2塁ゴロで試合終了と思い きや、微妙なイレギュラーでエラーとなると連続2ベースで追い付き 10回にサヨナラ勝ちをしたのだから まさしく死の淵からの生還だし ベスト8に残ったチームの中では最強と思われた常総学院に逆転 サヨナラ勝ちだから勢いが付かないわけがない。  反対に常総にしてみるとエースの飯田が あと1イニングを抑え ればベスト4進出というところから熱中症によるダウンで降板し、 2アウトランナーなしまで追い込みながらの悪夢だったわけだ。  9回2アウトまでリードし最後の打者もアウトと思われたのがエラー から逆転負けといえば、茨城県代表は今から37年前にも その ‘悲劇’を経験している。  37年前は76年の選抜で鉾田一が優勝した崇徳にやられている のだ。  この大会で左腕の戸田秀明を擁する鉾田一は初戦で糸魚川商工 相手にノーヒットノーランを達成し迎えた優勝候補の崇徳戦。  実質エースで4番という戸田のワンマンチームだった鉾田は7回 まで崇徳の黒田からノーヒットに抑え込まれ‘初戦でノーヒットノー ランをしたチームが次はノーヒットノーランを食らうのか’と思われて いた8回に先頭の戸田がHRを放ち待望の先取点を挙げると9回も 二者連続三振で2番の樽岡も1塁ゴロ。  これで試合終了と思いきや1塁手がトンネルすると続く小川の 遊ゴロを今度はショートが弾き1・2塁となると緊張の糸が切れた 戸田から4番の永田が逆転の3ベースを放つと更に3安打を集中し 一挙4点を取って逆転勝ち。  これで波に乗った崇徳は福井・日田林工・小山に勝って初出場& 初優勝を飾ったのだ。  高校野球では‘○○県代表に勝ったら優勝する’などというジン クスがあるが、茨城県代表に2アウトランナーなしから相手エラーで 逆転勝ちしたチームは優勝するというジンクスになりかねないぐらい 印象深い一戦だった。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2013/08/31 23:54

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(3)

Re:高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・

茨城っ子です。
ちょっと、えwとは思いましたが、逆に考えれば茨城はそれなりの力があるということになるんでしょうか?
都合の言いように考えます。笑

posted by 野球たろー
コメント投稿者ID:baseball_0812
2013/09/01 21:00
コメント支持(1)

高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・

「神奈川を制する者は全国を制す」

私は当初「神奈川県で優勝したチームは全国でも優勝するチーム」と思ってましたが、実は「神奈川県代表のチームを破ったチームが全国優勝するんだ」と認識しました。

データはわかりませんが、ジンクスというレベルではなくて、かなりの高確率で当たっていると思いますよ。

posted by マッチョ
コメント投稿者ID:OOH00056753
2013/09/01 21:10
コメント支持(0)

高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・

準々決勝現地で見てたけど常総良いチームだったなあ。
応援も格が違った。

posted by  
コメント投稿者ID:OOH00056915
2013/09/03 06:24
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック