スポーツ えっせい

波乱が続く秋期高校野球大会に思う

 9月に入り高校野球では来年の選抜大会の予選ともいえる秋季 大会が たけなわで、そろそろ地区大会に出場するチームが 名乗りを挙げ始める時期になっている。  今年の夏の優勝投手である高橋光成を擁する前橋育英や、選抜 準優勝投手の安楽智大を擁する済美に昨年 春夏連覇を達成した 大阪桐蔭に続き今年の選抜優勝校の浦和学院までが県予選で 敗退し選抜への出場ができなくなっているので高校野球ファンの 間からは残念がる声が上がっている。  安楽や高橋に小島が不在でも選抜大会は行われるし、十分盛り 上がる要素はある。  理由の1つが甲子園のマウンドで昨年からNHKで高校野球解説を している大矢氏が言うには‘甲子園のマウンドは 凄く投げやすく、 予選では今ひとつだった投手が突然すばらしいピッチングをする 事がよくあるらしい。  大矢氏は77年夏に東邦の3番キャッチャーで甲子園出場し準優勝 しており、その原動力となった1年生エース・坂本佳一をリードして いたので その経験からの言葉だろう。  つまり予選では今ひとつだった投手が甲子園に出場した途端に 見違えるようなピッチングをするのは、甲子園のマウンドが多くの 投手達との相性がいいという事で並みの投手が一流投手に成長 するという事だ。  実際に前橋育英の高橋は県予選で7試合中4試合を完封していた にも拘らず大会前には そこまで騒がれてなかったのだが、甲子園 で相手のレベルはさておき2試合連続で1-0完封勝利を挙げて 有名になり3回戦で横浜に完勝して地位を不動のものにした感が 強い。  それを考えると高橋や安楽に勝るとも劣らない投手が現れる 楽しみも選抜にはあるのでとりあえず11月に行なわれる選抜の前哨 戦である明治神宮大会を楽しみにしたい。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2013/09/29 22:40

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック