スポーツ えっせい

渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う

 横浜高校の監督として春3度、夏2度の甲子園優勝を飾り通算で 51勝を上げた渡辺元智氏が今年の夏限りで退任する事が発表された。

 70歳という高齢や体調不良という理由らしいが、51年にわたり 監督を務めていたのだから凄い事だし お疲れ様と言いたい。

 個人的に横浜を知ったのは関東三羽烏の1人・永川英植を擁して 73年に初優勝を飾った時で小倉商との初戦で2-2の延長13回に 長崎誠のサヨナラ満塁HRで勝って勢いに乗り、決勝では江川 卓を攻略した広島商に1-1の延長11回に決勝2ランで勝っての 優勝で要所でHRが出て勝つというのは当時の高校野球では珍し かったのだ。

 次に出場したのが1年生の愛甲猛や安西健二を擁して出場した 78年夏で、この時も3回戦で県岐阜商に敗れたものの初戦の徳島 商相手にHR2本を浴びせ10-2で粉砕している。

 その2人が3年になった80年夏に夏初優勝を飾るのだが以降は 98年に松坂大輔を擁したスーパーチームで春夏連覇を果たすまで 春夏併せて7回の甲子園出場し、89年や93&94年など優勝候補に 上げられながら取りこぼすなど‘ここ一番で勝てない大型チーム’ というイメージもあったのだ。

 ただ逆に言えば桑田&清原を擁していた頃のPLのように大人気 ないぐらいに強いチームよりも、取りこぼしがある横浜の方が 人間味があって楽しかったのも事実。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2015/05/15 23:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

訂正

長崎慶一でなく長崎誠のようです。

posted by shinrin
コメント投稿者ID:shinrin
2015/05/21 05:49
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック