スポーツ えっせい

米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・

 先週開催された男子ゴルフの国内ツアー最終戦の日本シリーズで 石川遼が、2位に5打差を付ける4日間通算-14で初の日本タイトルを 獲得した。

 石川は主戦場にしているアメリカツアーでは辛うじてギリギリで シード権を獲得したのに対し、日本ツアーでは一転7戦して2勝する など好調を維持しているのを見ると日本ツアーの ぬるま湯ぶりが 嫌でも目立つ。

 聞くところによると今シーズンの日本ツアーで複数優勝したのは 石川の2勝以外では賞金王を取った金庚泰の5勝のみというのだから、 全体の順位を無視して‘日本人○位’に拘る日本のマラソン並みの 体たらくだろう。

 これを見ると好スコアが出やすいコース設定で盛り上げようと する主催者に対し、出場選手達も簡単過ぎると反対するどころか 難易度の高いコースに対して難色を示すなど意識の低さが目立つ。

‘艱難辛苦汝を玉にせん’という言葉があるように普段から難易度 の高いコースでプレーしていると必然的にレベルも上がるのに対し て、楽なコースばかりでプレーしていると それが当たり前になり マスターズや全英などの海外メジャートーナメントに出場すると 化けの皮が剥がれて優勝争いすら絡めず予選敗退ばかりになる。

 すると恥をかきたくないので国内ツァーで稼ぐ事に専念するの だが、先述したように難易度の高いコースではスコアが悪くなる ので選手達から不満が出て主催者側も難易度を低くするという悪 循環に陥っている。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2015/12/09 22:30

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック