スポーツ えっせい

井岡一翔はジム移籍をするべきではないか

 WBAフライ級王者・井岡一翔が引退の危機だという報道がスポ ーツ紙に載っていた。

 確かに4月に5度目の防衛に成功してから全く試合をする雰囲気 がないばかりか、毎年恒例になっている大晦日の試合すら発表され ずにいた一方でハワイでグラビアアイドルとの結婚式の写真までが 話題になるぐらい。

 会長であり父である井岡一法会長が先日記者会見したのを見ると ‘結婚してから練習できてないし、本人のモチベーションがなく試 合への準備が間に合わない‘というのが理由らしいが果たしてそれ だけか?と思うのだ。

 井岡は11年2月にオーレドン・シスマーチャイに5RTKO勝ちし プロ入り7戦目でWBCミニマム級タイトルを奪取し、初防衛戦では 強敵ファン・エルナンデスに判定で完勝した時には次世代の日本のエ ースが誕生したという感じだった。

 そして12年6月にWBA王者の八重樫東に判定勝ちしタイトルを 返上してLフライ級に上げたまではよかったが、当時のWBA王者 ローマン・ゴンサレスをスーパー王者に棚上げして決定戦でタイトル を奪取しただけでなくロマゴンとの統一戦を回避するなど心あるファ ンのヒンシュクを買った。

 しかもLフライ級では大した挑戦者との対戦もなくフライ級に上 げ2度目の挑戦でタイトルを奪取したもののスーパー王者に君臨す るフランシスコ・エストラーダとの対戦を忌避し、再び格下の相手 ばかりと防衛を重ねるなどライバルとされる井上尚弥が海外進出し 世界的に評価を上げるなど差が大きく広がっているのも事実。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2017/11/13 22:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

井岡一翔はジム移籍をするべきではないか

コメント失礼します。
個人的には同じ意見ですが、ジム移籍となると障害が大きいのが現状。
父親ともめているなら許可が出ず、他のジムも手を出しにくいでしょう。

また、前の防衛戦は消極的なボクシングに終始しましたし、本人のモチベーションが落ちている可能性も大きいですね。
残念ですが、このまま引退ではないでしょうか。

posted by kazuhaya
コメント投稿者ID:kazuhaya
2017/11/14 00:47
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック