スポーツ えっせい

明治神宮大会優勝を逃した大阪桐蔭だが

 今年の明治神宮大会高校野球の部は明徳義塾が創成館に4-0で 勝ち初優勝を飾り、来年の選抜高校野球では四国の枠が1つ増える 事になった。

 さて今大会のビッグサプライズは近畿王者の大阪桐蔭が準決勝で 九州王者の創成館に4-7で敗れた事。

 大阪桐蔭は今年の選抜で優勝し夏こそ3回戦で仙台育英に1-2と 逆転サヨナラで敗れたもののプロ注目の柿木や横川に根尾ら有望な 下級生が多く、来年は春夏連覇が狙えるチームという評判がもっぱ らで大阪大会や近畿大会も当然のように優勝し明治神宮大会に出場 すると初戦で北海道王者の駒大苫小牧に4-2で勝っていた。

 一方の創成館は九州王者ではあるものの甲子園出場は春夏通じて 15年夏の1勝のみだから格的には桐蔭の方が断然上だったので、 試合前の予想は完全に桐蔭だったし試合展開も2回裏に先制され たのを3回に打者一巡の猛攻で4点を挙げて逆転し4-3から中盤 に2点を追加して終わってみれば桐蔭の3人の投手に12安打を浴 びせての勝利だから価値がある。

 最強チームといえば松坂大輔がいた98年の横浜を思い出すが、 この時の横浜は明治神宮大会決勝で沖縄水産に5-3で勝ってから 春夏連覇を達成している。

 一方98年の横浜以降で春夏連覇を達成したのは10年の興南と 12年の大阪桐蔭だが、10年の興南は九州大会ベスト4で12年の 大阪桐蔭も近畿大会ベスト8で敗れているのだから明治神宮大会 には出場してない。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by ue-kj
  • 2017/11/14 21:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

明治神宮大会優勝を逃した大阪桐蔭だが

強いチームなのは認めるけど、去年の夏から大阪準決勝が事実上の甲子園決勝だとか、東北に敗れた後も今回も決勝で負けているチーム側に負けているくせに桐蔭びいき側の態度がどうだろう。ビックサプライズだの負けた相手への敬意がない実績なき大言壮語は見ていて不快。

posted by 銀河系
コメント投稿者ID:TCE00079801
2017/11/18 22:13
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック