"テニス"感覚観戦

【2017年12月】今期ツアーの状況;ランキング編

この様に、躍進組の陰には、今期、途中から休まざるを得なかった不調組の存在がありました。当然スポーツですから、故障等コンディションも含めた結果が全て、今年は表が示す内容が勝負の結果です。

しかし、今年の躍進組は、実績のあるナダル・フェデラーは別として、その他のトップ8に顔を揃えたプレーヤーたちにとっては、来期にその真価が問われる事となるのでしょう。不調組5人やデルポトロらがどんな形で食い込んでくるのか?

ジョコビッチ・マレーは故障が癒え、本調子なら間違いなく来年末にはトップ争いに食い込んで来るでしょう。ただワウリンカ・ラオニッチ・錦織が今期3位以下を占めた新しい顔ぶれを何人抜けるかというところが気になります。特に、コンディションが戻った錦織選手とズベレフがどんな試合をするか、観てみたいです。

やはり、錦織選手の手首が一番気になるところです。いつ頃、試合ができる状態になるのか、その後再発させないでくれればと祈るばかりです。

もう1人気になるのが、ベルディヒ(31才)、このプレーヤーが、また戻ってくるのか、このまま浮上出来ないのか。

ランキング後半変動表

後半戦は、なんといってもファイナルズを制覇したデミトロフ。このタイトルにより年間ランキング3位で今期を終えました。「ATPファイナルズのタイトル」、「年間ランキング3位」、「マスターズタイトル」、なんとも羨ましい響きですね。昨年まで2〜3年の錦織選手の活躍と照らし合わせると、巡り合わせの運不運を感じてしまいます。 今期後半戦は、躍進組のズベレフ、ティエム、チリッチ、カレノブスタ達にブレーキがかかってしまいました。チリッチは、昨年後半に躍進していましたので、今期もほぼ同じペースで終えた事に価値はあると思いますが、、

3ページ中2ページ目を表示

  • posted by ukk_chu_ren
  • 2017/12/05 23:57

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック