"テニス"感覚観戦

2018年のテニスツアーの展望と錦織選手【最終ブログ】

ここまでで挙げた7選手が、ここ数年間、ツアーの中心でした。この7人の状況が不透明過ぎて今期の予想が全く出来ません。

昨年、その間隙を縫って出て来たプレーヤー達の真価が問われる年ですが、この7人が居ないとその真価を図る事もままなりません。

このまま、ベテランのトッププレーヤー達が調子を落とした状況のまま、新旧が入れ替わってしまう事はないと思いますが、それでは余りにも寂し過ぎます。やはり、怪我などでは無く、とうとうこの若い選手がビッグ4を打ち破った。そんな場面を目せてほしいものです。それが錦織選手である可能性はまだ十分にあります。

今はフェデラーの状態が1番良さそうですが、フェデラーも36才、今年8月には37才になります。昨年の夏場や後半は、疲労も出ていたでしょう。体の不具合もあったと思います。万全のコンディションで戦える期間が少しずつ狭まっています。 昨年は、3月までGS、MS、全勝。クレーシーズンをスキップし、芝も2大会全勝。ここまでで6,500pt以上を稼ぎました。今年、最高の出来であっても、ランキングポイントをディフェンドするまでです。ポイントを伸ばすことは出来ません。 恐らくは、その辺り迄でポイントを下げる事になるでしょう。

ナダルは、膝の状況が不安視されていますが、このプレーヤーの身体の強さ、メンタルの強さはこの7人の中でも特別です(フェデラーかナダルでしょう)。年齢的にもまだ31才(今年6月、32才)のナダルがトップを走り抜けると考えるのが、1番現実的な事の様に感じます。

ビッグ3で区切るなら、フェデラー・ナダル、プラス、ジョコビッチという事になると思いますが、ジョコビッチの右肘もはっきりしません。昨年というか、一昨年の中盤頃からずっと本来のジョコビッチではありません。右肘の不具合がいつ頃からかも、分かりづらい経緯を辿っています。どちらにしても、長引いています。手首や、肘等の関節の故障は、選手生命を左右する程の大怪我になる事が度々あります。10日のエキシビションマッチでティエムに圧勝した様ですが、ティエムはドーハのSFで棄権をしている状況でしたから、未だ未だ分かりません。まっ、全豪のプレー振りを見ればある程度、回復具合が分かるかも知れません。兎に角、コンディションに問題が無ければ、現在ではナダルかこの人ではないでしょうか。 ジョコビッチが絶頂期の頃、ナダルは敵いませんでしたが、ナダルは故障を抱えていました。この2人も、お互いの絶頂期に対戦した事がない様な気がします。

6ページ中2ページ目を表示

  • posted by ukk_chu_ren
  • 2018/01/13 00:02

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(2)

「2018年のテニスツアーの展望と錦織選手【最終ブログ】」へのコメント

お疲れ様でした!
おっしゃる通り、私も今季真価が問われると同時に楽しみなのは、ディミトロフ選手とA.ズベレフ選手と思います。
ukk_chu_renさんがブログを続ける決断をされてとても嬉しいです。
場所は違えど、これからもよろしくお願いいたします!

posted by shotgun
コメント投稿者ID:shotgun
2018/01/13 01:23
コメント支持(1)

「2018年のテニスツアーの展望と錦織選手【最終ブログ】」へのコメント

shotgunさん
コメント、有難うございました!
スポーツって、テニスって、錦織選手って、本当にいいものですね!
私達も、彼等に負けないくらい、本物のスポーツ観戦者でありたい。こんなに熱いものを貰って来ましたから。
これからも好きなスポーツを見て、感動して行きましょう!
有難うございました。

posted by ukk_chu_ren
コメント投稿者ID:ukk_chu_ren
2018/01/13 23:34
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック