"テニス"感覚観戦

★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」

≪これまでの状況≫  今季の錦織選手は、全豪・全仏ベスト8、メンフィス・バロセロナ・CITI優勝、アカプルコ準優勝、レースポイント3,765pt(昨年同期3,675pt)、全米の大きなディフェンドポイント(1,200Pt)をほとんど落としながらの成績としては、実力がついて来た証と言えるかと思います。しかし、だからこそ全米、全英、2つのGSでポイントを積み重ねる事が出来なかった事が、更なる飛躍とならなかった現状を作ってしまいました。

 序盤4月上旬までは、組合せもありますがトップ3に当たる所まで行けない状況でした。しかし、改めて序盤戦5回の敗戦を見てみると、F.ロペスに負けた以外はそれほど取りこぼしに見える敗戦は見当たりません。マイアミのイスナーは出来が良すぎて仕方がない感じですし、全豪ワウリンカ、ブリスベンでは全てタイブレークの末セットカウント1-2で敗れたラオニッチ、アカプルコ決勝のフェレール(これは取って欲しかった。)。ロペスにしても元々相性の良い相手ではなく、それ程取りこぼした感じはしません。その反面、デ杯も入れればフェレール・ラオニッチに1勝ずつしています。

 クレーコートシーズンに入り、マドリードとローマで、マレー、ジョコビッチとの対戦が実現できました。錦織選手も善戦しましたが、結果的には格の違いを見せ付られての敗退と言っていいでしょう。ジョコビッチは、全米以来、パリ、ファイナルに続き3度目の対戦になりましたが、よく対策をして臨んで来ました。錦織選手も応戦しましたが、ジョコビッチが根気強くコートカバーリングを続け、最後は実力の差を見せつけての勝利でした。マレーも全豪のワウリンカも昨年の敗戦以来の対戦となりましたが、きっちり錦織対策をして臨んで来ました。これがトップグループの凌ぎ合いか!トッププレーヤーの錦織に対する本気度を見た気がしました。今度は錦織選手がお返しをする番だ!と思ったものです。全仏QFツォンガ戦は今でも惜しかったなと思いますが、それでもベスト8に入り、この時点でのポイントは昨年を約700pt上回るペースで進んでいました。

8ページ中1ページ目を表示

  • posted by ukk_chu_ren
  • 2015/09/26 23:21

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(6)

「今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」」へのコメント

ukk_chu_renさん、こんにちは。

これまでの状況、分析、ありがとうございます。錦織の前半戦安定した戦いは評価できるものと思いますが、全米での初戦敗退は本人も挫折とも言えるべくショックだったと感じます。ブログでのネガティヴコメントをどのように受け止めればよいのでしょうか。単なる弱音ではない、素直に受け止めたのだと思います。原点回帰が大切です。そこに期待したいです。錦織のプレースタイルは攻めが主体、フェデラーぽいです。しかし、フェデラーはここというときサービスゲームをキープできます。錦織は、1セットに落としたりしてしまいます。とくに、ビッグサーバー、ビッグ3等にはです。ジョコビッチ、マレーは安定しています。やはり落としませんし、守備的とはいわれますが、ここという場面ではしっかり決めます。私が錦織に期待するのは、ひとつ上のステージです。今期残す闘いにも当然期待するのですが、ひとつ上のステージを目指すうえでの活躍です。秘策ではなく、トップ3に負けない安定感の上にたった錦織らしさでのプレーができて、その領域に達することを期待します。全米初戦敗退が無駄ではなかったと、あの敗退があったらこそと言える日がくることを願っています。あくまでも、上のステージ、トップにたつことを、しかもトップ3が健在のうちにです。12月29日で26歳です。楽天から、MSの2戦、本人も今年度にかける想いは大きく、構想通りになっていない現状、それでも目指して欲しいです。チームも同じように一歩も譲ってないと思います。錦織にはその能力ありと思います。どうゆう結果となろうとも、見守っていきたいです。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2015/09/27 16:58
コメント支持(1)

「今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」」へのコメント

コメントありがとうございます。
度々、いろんなところでコメントを読ませて頂いています。
一つ、読んで頂いた方々に、意図しない受け取り方をされているのかもしれません。"秘策"ということは全く考えていませんでした。確実性、安定性は今年上がっています。鍛練の賜物だと思います。しかし、それだけでは体格的にも劣る錦織選手の場合、通用しないだろうと思っています。錦織選手の高い技術やセンスを生かしたテニスをする事が不可欠、躍動感溢れる、思いきったプレーをして欲しいと期待しています。それが、今回のブログの文章になっています。
今後も宜しくお願いします。

posted by ukk_chu_ren
コメント投稿者ID:ukk_chu_ren
2015/09/27 18:09
コメント支持(1)

「今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」」へのコメント

ご返信、ありがとうございます。
また、誤解を与えるような表現をしてしまい申し訳ございません。意図しているところは理解しているつもりでした。
安定感については、下位には通用していますが(これも重要ですが)ことトップ3には、十分ではないようです。深いストロークを安定的に返せる、焦らない、無理をしない、攻めの確実性の強化等、それによりミスを呼び込むことも可能になる。全米ワウリンカを敗したフェデラーのイメージ。体格面におとる錦織にとっては、万全なる体調が前提になりますが。
今が踏ん張りどきだと思っています。そしてMSをとって欲しいです。
テニスを知らないい私が、度々偉そうに気持ちだけでコメントしてしまいすいまん。
今後も記事アップ楽しみにしています。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2015/09/27 19:18
コメント支持(2)

今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」

同感です。
MS、取ってほしいです。

とんでもないです。
私は素人です。
これまでは、ファンとして思った事を一人でつぶやいていました。
今回のjigyakuteki氏のように、おれはこう思っているんだよ。
という方と「でも、錦織の場合はこうだと思うんだよな。」って感じのやり取りができれば、
ありがたいです。
これまでも何度か、コメントをいただいた方々と意見交換をさせていただきました。
お互い、自己主張だけをしている訳ではないのですが、否定されたという印象を与えたまま終わってしまったんじゃないか?と思う事もあります。ネット上のやり取りは、難しい面もありますが、自分を正当化したり、相手の方を否定している訳ではありません。ただ自分の思う事を好き放題言っているだけです。でも、このブログでいろんなことを教わりました。基本的な知識もそうですし、物事の捉え方についても、教えて頂き、今までの持論が変化して来た部分もあります。
なんといっても、当テニスブログには2大巨匠と「気ままに・・」さんがいます。
他のスポーツにないレベルじゃないでしょうか?(すみません。横道にそれそう。)
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

posted by ukk_chu_ren
コメント投稿者ID:ukk_chu_ren
2015/09/27 20:58
コメント支持(1)

「今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」」へのコメント

ブロガーの皆様におかれては、情報収集、分析等に相当なる時間、労力をかけて頂いているものであり、まずは敬意を示さなければならないものと考えています。ucrさん(勝ってながら略させて頂きました。すいません)の今回の記事も大変なる作業だったものと推測します。その一部を取り上げて言いたい放題のコメントをさせて頂いている訳であり、「そのように言うのであれば書いてみろよ」と思われるのではないか思います。もちろん、書けません。
そう言えば、人気スポーツ選手1位に、なんと錦織圭が選出されました。こんな日がくるとは思いもしませんでした。テニスプレーヤーが日本において1位です。世界においては、スポーツ人口1位はサッカー、2位がテニスと聞いたことがありますが、日本においても世界基準に追いつきつつあるのかなと思いさせられます。もちろん、錦織圭の業績によるものでしょうが、ブロガーの皆様の力によるテニスにたいする魅力普及、わかりやすい解説等による周知等その一因となっているのではないでしょうか。
私は無責任に自分の思ったことを好き放題にコメントしていますが、ブロガーの皆様には敬意と感謝の気持ちを抱いています。引き続き宜しくお願い致します。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2015/09/27 23:32
コメント支持(3)

「今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」」へのコメント

そんな事ないですよー
私も趣味で、好きなときに、好きなことを書いてるだけです。
これからも、お互い言いたい放題のスタンスでお願いします。
今回はこれで最後にしますねー。

posted by ukk_chu_ren
コメント投稿者ID:ukk_chu_ren
2015/09/27 23:42
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック