"テニス"感覚観戦

【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!

 BIG3ナダル。今季好調ナダルを倒しての優勝とはなりませんでした。今後、TOP3以上を狙う錦織選手にとって、その最大のライバルである赤土の王者ナダルに、ATP500の決勝、それもクレーコート、ナダルの庭でのタイトルです。取ったら大きな1勝でしたが、それだけにこの1敗には大きな意味があるのではないでしょうか。  今、いろんな事に考えを巡らせておりますが、今大会について書き溜めていた内容もありますので、まずは、大会を時系列に追って行きます。

【3回戦シャルディ戦】  3回戦から観ました。シャルディは相変わらずパワフルでした。しかし、ストローク戦において、錦織選手の方が、組立もパワーでも上回っています。シャルディは多分思っているでしょう。錦織は又強くなったと。今大会決勝進出迄の相手の中で、1番心配な選手かと思っていましたが、スコア以上に実力差を感じました。しかし、テニスという競技はそれでもちょっとしたきっかけから勝敗がひっくり返るという事があります。この試合も、一つ間違えればという状況もありました。この様なプレーヤーばかりを相手に、5戦を勝ち続けるのは容易な事ではありません。ジョコビッチですら先週のモンテカルロの様な事が起こります。  一番印象深かった場面は、第1セット、3-2から錦織のBP、シャルディのアドサイドからの1stはセンターに威力のあるナイスサーブです。しかし錦織はこれをドンピシャで合せストレートにリターンエース!鮮やかなリターンでした。  錦織選手にはこれがあります。1stでもコースを読み切り、リターンエースに出来る。大事な場面で勝負強くいいコースに1stを入れてきた相手にとっては、こたえるでしょうね。今年の錦織選手は、強豪との対戦が多くコースを狙っている為か、サービスエースが少ない分、リターンエースを稼いで欲しいです。

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by ukk_chu_ren
  • 2016/04/25 12:12

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック