Sports News

涙の理由:ティアナ・バートレッタ

「Every step counts」  北京世界陸上、リオ五輪の走り幅跳び金メダルのティアナ・バートレッタの口癖だ。  日本語だと、「すべてに意味がある」みたいな感じだろうか。  跳躍練習、ドリル、腹筋、メディシンボール投げ、スタートブロック、テンポ走、ウェイト。日々のひとつひとつの動きが目指す目標につながっている、そう思って練習してきた。 「跳躍練習の時には、着地点に目印を置いて、次のジャンプでそれを越えられなかったら負け、とプレッシャーを掛け合いながらやっている」。  大会前の記者会見でクリスチャン・テイラーとティアナは笑いながら話した。  ポイント練習では彼らに笑顔はない。本番さながらの真剣さで1本ずつ跳び、跳躍の後にはコーチが修正を加える。その後、再び跳躍を行い、修正。その繰り返しだ。  バートレッタは金メダル、連覇だけを目標にこの数ヶ月練習をしてきた。

 11日の幅跳び決勝。 「アプローチのリズムが合わなくて、踏み切り板にうまく乗らなかった」  1本目、2本目は踏切が全く合わず、6m56、6m60と平凡な記録。3本目はファールだったが、ベスト8にはなんとか食いこんだ。 「いつもは4本目から攻めの跳躍ができるのだけど」と話したが、この日は走りのリズムも踏み切りも悪く、調子が上がってきたのが5本目で6m88。ライバルたちは7mを跳んでおり、最終跳躍で7mを狙ったが、6m97で3位に食い込むのがやっとだった。  優勝したリースは7m02、2位のクリシナは7m00、3位のバートレッタは6m97、4位のスパノビッチは6m96と6cmに4選手が入る大接戦だったが、ティアナは「上位2人はお互いに戦っていたけど、私は蚊帳の外で、自分と戦っているような気分だった」と振り返る。   いつものアプローチができなかったこと、それが敗因だった。 「今日は自分が思っているよりも自分はタフということに改めて気づきました」  必死で笑顔を作っていた。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by おいかわ
  • 2017/08/12 09:09

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック