バスケのデータ見ながら語ります。

ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜

そろそろセルティックスについて考えてみましょう。この記事を8割くらい書いた段階で3敗目を喫してしまいましたが、それでも素晴らしい勝率であると共に、強さを感じさせるチームです。特にウォーリアーズ戦の勝利は印象深いものがありました。

アーヴィングやホーフォードが欠場しても勝ち続けたセルティックス。現時点でどれくらいのレベルにいるのか、近年のチームと比較してみます。

1年前の11月終了時点の成績上位は

ウォーリアーズ 16ー2 スパーズ 15ー4 クリッパーズ 14ー5 キャブス 13ー3

各チームのレーティング差は ウォーリアーズ 13.0 スパーズ 6.1 クリッパーズ 9.6 キャブス 6.8

◯今季のセルティックス 16勝3敗(11/22時点) レーティング差 6.5

シーズン序盤とはいえ、これだけ勝っているチームは浮き沈みがあっても50勝には到達しそうです。昨季のキャブスやスパーズくらい、そう言われると良いのか悪いのかよく分かりませんが。

, , ,

◉時計の針を巻き戻す新しさ

◯ディフェンスレーティング 96.4(1位)

その特徴はディフェンス。リーグ2位のブレイザーズで98.1なので圧倒的なディフェンス力がわかります。

12ページ中1ページ目を表示

  • posted by whynot
  • 2017/11/24 09:28

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック