バスケのデータ見ながら語ります。

20171207 ニックス vs グリズリーズ

, , ,

◉お互いの強みを出すスタート

ニックスの強さのわかりやすい部分からスタートします。ポルジンギスがフリースローレーンから決めます。否定される距離ですが、この確率が高いから止められなくなります。

同じ様に打った2本目が外れるとカンターがオフェンスリバウンドからフリースローを得ます。カンターはなんとフリースロー90%オーバー。

とにかく2人のこの相性の良さがニックス最大の強みです。高確率のミドルレンジと外れてもオフェンスリバウンド。

この試合のスターターにはハーダウェイに代わりランス・トーマスで激しいルーズボール争いもあるなど今季のニックスらしい内容。

, , ,

グリズリーズはフィッツデイル時代の様にスペーシングはしませんが、インサイドのガソルにボールをいれてキックアウトパターンが美しく決まります。 そもそも適切なスペーシングとポジショニングが出来ているかが重要なプレーなので、次の一手にみえる要因でもあります。HC交代直後は全てを忘れた様なシステムを始めましたが融合点を目指した様に変化しています。

そうなるとガソルにも勝負するスペースが生まれ、それを確率よく決めていきます。更にエバンスとパーソンズがロングレンジから迷わず打ってこれも確率良く決まります。

ちなみに3Pを積極的に狙うのもフィッツデイルから始めたのでこれも名残だったりする、というのは言い過ぎかな。

気になるのはガソルの高確率。それが決まらないから困っていたのにポルジンギスもビックリの高精度で決めた事でグリズリーズがリードします。

, , ,

◉ディフェンス面の対応

チャルマーズもスティールから速攻を連発し、リズムの良いグリズリーズ。連敗脱出で吹っ切れたかのような快調さ。

7ページ中2ページ目を表示

  • posted by whynot
  • 2017/12/07 12:11

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック