バスケのデータ見ながら語ります。

20171207 ニックス vs グリズリーズ

一方でニックスはなんだか重そう。グリズリーズにプレッシャー負けします。「ポルジンギスがいない方がニックスがわかりやすい」と呟きましたが、グリズリーズはポルジンギスにボールが入った瞬間を狙い所にしています。 そこを経由するのがわかれば止めやすい。だからいない方がワイドにボールムーブしていたり。そしてボールを持ったら打たせないように距離を縮めれば抜かれるのは怖くない雰囲気。

ニックスがセカンドユニットになってグリズリーズの勢いは削がれます。単純にディフェンスの時間が長くなったからかと。別に決まらないけどボールを動かして止められるわけでもない。

またオクインはガソルを止めるので、攻め所を失うグリズリーズ。お互いに崩せない展開なのでエースを休ませているニックスに流れは向かいます。

, , ,

スターターに戻るニックス。これで追いつくかと思ったら、ポルジンギスとカンターのディフェンスから崩されます。どうしてもスクリーンとポップを繰り返すジャマイカル・グリーンの動きについていけないポルジンギス。度々フリーにしてしまいます。まぁ空けてもシュートは決まらない計算もありますが、ドフリーなので3Pを決められます。

そしてガソルのポストムーブに対してポジションの取り方が怪しいカンターがファールしてしまいます。なお、カンターが怪しいのは通常営業ですが、ポストアップする相手が少ない事情が助けてくれています。

追いつけそうで追いつけない中でカンターがオフェンスリバウンドからゴール下をねじ込んだ際にガソルが足を痛めてロッカーへ。

, , ,

オフェンスが停滞気味になったニックスはグリズリーズのメンバーをみて考え方を変えます。カンター→ビーズリー。 この狙いはオフェンスでシュートの強化と、ガソルを守らなくて良くなった利点を活かしスピードアップです。ポルジンギスをセンターのディフェンスに回してローテーションの穴をなくします。

7ページ中3ページ目を表示

  • posted by whynot
  • 2017/12/07 12:11

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック