バスケのデータ見ながら語ります。

キャブス 対 ペイサーズ 第3戦

キャブス 119 ペイサーズ 114

5分の内容ながら連勝したキャブス。チャンピオンチームに5分の戦いが出来たギリギリプレイオフに進出したペイサーズ。

単純に相性の問題としてキャブスが躍動してしまうので、どうするのかと思っていたが、真っ向から殴り合う選択肢を選んだ。 選べた理由はポール・ジョージがレブロンを上回るプレーを見せている事。上回るからこそキャブスが躍動するのだけども。

殴り合えてるけど負けたのだから、ホームに戻って初めからガンガン殴りに行くペイサーズは非常に勇敢だった。 レブロンを上回るジョージを負けさせるわけにいかない(移籍させるわけにいかない)と考えたのか、なんと1Qのジョージを除くFGは13/16。

そんな仲間達に触発されたか、2Qだけでジョージが19点を奪い、最大26点差をつける。

ここまでの2戦を振り返れば、ファンの溜飲を下げる大きな勝利をあげられそうだった。

さて、ここで冒頭に戻る。

レブロンと戦えるジョージの存在によりレブロンからボールが周り、アーヴィングが搔き乱し、ラブが活きるのがキャブスが最も怖い形。 この試合の前半もそんな流れだが、アーヴィングが役に立たなければ、ラブも個人では決め切れない展開だった。

そこでダメな方のキャブスが顔をみせる。レブロンが1人でやり出す形である。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by whynot
  • 2017/04/22 01:08

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック