カープ中心、日本酒ちびちび観戦記

なき黒田のためのゲーム

試合の中で一番目がいったのは大瀬良でした。いつもは14番で津田さんの姿を思い起こさせるのですが、この日は15番。津田さんが最初に付けていた背番号での投球でした。津田さんと言えば炎のストッパーとして有名ですが、私は初めて見た83年の姿もかなり印象に残っています。ルーキーイヤーは読売戦でほとんど投げていないので記憶がないのですが、翌年テレビで見た姿が目に焼き付いています。そんなことを思い出した後ろ姿でした。次回球数増やして問題無ければローテ入りでしょうか。焦らないでもらいたいですが、今年こそは開幕から活躍して欲しい気持ちもありますね。難しい…。

日曜日の試合は、外出してしまったのでほんの少ししか見ることが出来なかったですが、久しぶりに打線爆発。普段は沈黙していて、打てる時だけ爆発みたいなのは数年前を思い出して不安にもなるのですが、どうでしょう。打てないばかりよりはマシですけどね。もう一つ不安が、緒方監督が中崎の状態に言及したこと。発破かける意図のように思えますが、私自身は見ていないので何とも言えませんが、状態如何で方程式の組み換えもありますかね。大瀬良がローテに入ってこられるならば、ヘーゲンズの配置転換も可能ですが…。

そして、今日の試合はやはり開幕ローテ入りを狙う加藤の先発でした。5回2失点と結果は及第点も、振ってくるパのチーム相手だからこそで、見て来るセのチーム相手だったらもう少し早く捕まっていた可能性もあります。まぁルーキーという点を考慮すれば合格なのですけどね。首脳陣がどう判断するのかですね。

打線はまったく見せ場が無いままでしたが、終盤に3点を取って追い付きました。一旦火が付いてからのイケイケ感が今年もあるのは、少々安心いたしました。

ただ、エルドレッドに快音が聞かれないのを、どう取りますかね。助っ人枠を投手3野手1に割り振るのもありますかね。

3ページ中2ページ目を表示

  • posted by yokoking
  • 2017/03/21 01:24

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック