巨人を見る

16.12.31 セDHへの持論 in 2016

日本レコード大賞が決まった。今年は西野カナの「あなたの好きなところ」に決定、日本有線大賞とともに二冠に輝いた。KEIRINグランプリも立川競輪場で行われ、2016年との別れはすぐそばまでやってきた。 さて、このオフシーズン、特に12月というのは今季を振り返ることができる11月、来季へ向け展望できる1月の間にあり、他のネタと言っても競馬の有馬記念ぐらいで、相撲もない。しかしながら最初と最後にこだわる私としてこの12月31日の更新と新年最初の更新というのは長らく思っていたことを書く舞台にしているのでどうしようか、と思っている中で思いついたものが「セのDH導入」と「CS制度」についてである。 前者はおそらく変わらないと思うが、後者はふとしたことでコロッと変わりかねない。詳細は明日記す予定だが、今年はこうでも来年は違う意見になるかもしれない、再来年ちょっと柔軟になっているかもしれない、ということでこれからは毎年大晦日と元日にこの二つについて記すつもりだ。

近年、交流戦などでセは見るも無残、語るも無残な成績を残し、日本シリーズでもここ10年で3勝と苦杯を喫している。そうした中で、セのDH導入というものがネット上を中心に、一部評論家の間でも語られ始めている。このままいけばもう五年とすれば日曜朝のTBSで「喝だ!野球は9人でやるべきスポーツなんですよ!」とでも言われそうな勢いである。 これに関して、私の意見は一貫している。「そんなことした日には読売新聞解約して朝日新聞を購読する」。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by yomig-ai
  • 2016/12/31 00:27

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(2)

「16.12.31 セDHへの持論 in 2016」へのコメント

こんにちは。

DHは国際野球でも完全に主流ですよね。
セでもDH制採用となれば巨人では阿部がDHに入り、岡本にもチャンスが回ってきますね。

でも私もセのDH制導入には反対です。

交流戦でたまにセのチームがDHで打順を組むのは楽しみではありますが、接戦で投手に代打を出してしまって流れが変わったりするように、選手交替で作戦が変わって行くプロ野球の深みみたいなものがセの9人制野球には有るような気がします。


posted by pira
コメント投稿者ID:pira
2016/12/31 10:30
コメント支持(0)

16.12.31 セDHへの持論 in 2016

piraさん
コメントありがとうございます。新年でバタバタしており、返信が遅れてしまい申し訳ありません。

投手に代打、と言いますと今でも忘れられないのが2012年6月の巨人中日首位攻防戦、先発田原が2回で代打を送られて、代打矢野が適時打。そこから流れを掴んで4月には5連敗が二度あった巨人がシーズン初めて首位に立った試合が忘れられません。あの阿部がズッコケたことと併せてですが。

こういうこともありますし、何もリーグが二つあるのに一緒にする必要はないんじゃないかなとも思います。

posted by yomig-ai
コメント投稿者ID:yomig-ai
2017/01/06 03:29
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック