専らフィギュアスケート

テサモア無双

先週末、NHK杯が閉幕した。 今大会、宮原の復帰戦とか、羽生の突然の欠場とか、日本人的なトピックも数多くある中、 私が最も印象に残ったのは……、 テサモアが無双すぎる件。

テサモア=テッサ・バーチュー&スコット・モイアー組は、カナダのアイスダンスカップル。 アイスダンスは、シングルなどに比べれば選手寿命の長い種目ではあるけど、 それでもかれらはバンクーバー五輪の金メダリストである。 年齢に関係なくスポーツ選手の世代を五輪で区切るとすれば、 2世代前の選手ということになる。 ちなみにバンクーバーのメダリスト全12組の現状を見てみると、男女シングルの6選手(ライザチェック・プルシェンコ・高橋、金妍児・浅田・ロシェット)は既に引退。 ペアの銅メダリスト、サフチェンコ&ゾルコビー組は、 サフチェンコがパートナーを変えて未だ現役(ゾルコビーはソチ後の世界選手権で引退)。 今シーズンGPSで2戦とも2位に入っている。 ちなみに、メダリストではないが、バンクーバー5位のペアだった張昊も、 パートナーを変えて33歳の今も現役である。 アイスダンスはバンクーバー銀メダルのメリチャリ(メリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト組)は、明確には引退宣言をしていないが多分現役復帰することはもうない。 銅メダルだったロシアカップルは二人とも引退している。 つまり、バンクーバー当時と同じカップリングで今も、 しかもずっと第一線で活躍を続けるのはテサモアだけ。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by 虹風 憂璃
  • 2017/11/15 15:26

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック