スポーツ よもやま話

女子ゴルフ 今年も韓国が強いのか

2017年の 日本女子ゴルフ 開幕戦 ダイキンオーキッド で 始まりました。 タイから乗り込んだ 宮里藍 日本で 調整した 横峰さくら でしたが 予選通過がせいいっぱい でした。 3日目終わって TOPは新人の 川岸 史果 三打差で アン・ソンジュ イ・ボミ 主催者のダイキン工業 としては 新人の 川岸 史果 か 沖縄出身の  大城 さつき ビジュアルの良い  柏原 明日架  あたりが優勝してくれる と 月曜のスポーツ紙の 一面に出るし 宣伝効果抜群でしたが 結局は 実力者の アン・ソンジュの優勝となりました。 イ・ボミ は 1番ホールの まさかのダブルボギーで早々脱落 しましたが 後半 巻き返して 結局 3位Tと やっぱり 今年も イ・ボミ強しを印象つけました。 新人の 川岸 史果は よくやったとおもいます。新人で最終日 最終組 風も強いコンデションで ズルズルいきそうなところ を なんとかふんばって 15番終了時点で 一打さの TOP 16番で 微妙なパーパットを外して ボギー 一方 アンは スライスのロングパットを決めて バーデー TOPが入れ替わった とことで 勝負ありかな・・と思いましたが 17番の アンが 短い パーパットを外して TOP2人で パー5の 18番 勝負となりました。 テーショット打った時点で 川岸 史果 は 2オン可能な残り距離 3日目もうまくバーデーとっているので 川岸 史果有利?かとおもいましたが ゴルフは 有利になって から 心が動く アンは 手前から 第三打を寄せきれなかった 川岸 史果は 2オンこそできなかったが グリーン近くからの アプローチ・・・ ピッタリつけて バーデーと思いきや、 強めにはいって グリーンオーバー ああ・・プレーオフか? と 思っていたら さすが アン・ソンジュ ここぞのところは 逃さない 集中力抜群の パットをねじ込んで 勝負ありでした。 アン・ソンジュも そんなに調子よくなかったけど 最後は 日本ツアーで 20勝以上してる 貫禄でした。 まあ いい勝負でしたが 有利な状況が 失敗を生むという ゴルフの というより 勝負のあやをみました。 うう・・ん 今年も 韓国勢が 強いのだろうと思わせる 開幕戦でした。 日本勢のまきかえしに期待したいものです。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by yumiiku
  • 2017/03/06 10:46

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック