0 to zeroのhorizon

杉田祐一がベスト8、次は31位と対戦! シード選手は3人が8強(楽天ジャパンオープン2017)

東京の有明コロシアムで行われている楽天ジャパンオープン2017。 ベスト8が決まりました。 参考:楽天ジャパンオープン2017 ドロー、組み合わせ

日本からは唯一、8強に杉田祐一(40位)が残りました。 杉田は厳しいドローだったと思いますが、1回戦、2回戦と連続で相手が途中棄権しました。 対戦相手は1回戦がB・ペール(フランス・37位)、2回戦がM・ラオニッチ(カナダ・12位)でした。 2回戦では杉田が第1セット、第1ゲームをブレークしたところで、ラオニッチが棄権しました。 左手首の怪我で欠場していたラオニッチが復帰した大会でしたが、再び残念な状況となってしまいました。

一方の杉田にとっては、好機が到来しています。 準々決勝はA・マナリノ(フランス・31位)と対戦となります(ツアー対戦成績は1勝1敗)。                                           そして、シード選手の状況を見ると…                                            ※太文字が8強進出 1:チリッチ(5位) 2:D・ティエム(7位) 3:M・ラオニッチ(12位) 4:D・ゴファン(11位) 5:アンダーソン(16位) 6:S・クエリー(15位) 7:A・ラモス ビノラス(25位) 8:シュワルツマン(29位)                                              …と、8強にはチリッチ、ゴファン、シュワルツマンの3人のみ勝ち上がっています。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by zerostart
  • 2017/10/05 18:58

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック