0 to zeroのhorizon

錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)

大会は10日目、佳境へ入っていきます…。 8強に残った錦織の準々決勝は、この夏、最も勝っている第2シードのA・マレー(英国・2位)となりました。 最近のマレーは、 AEGON選手権、ウィンブルドン、リオ五輪で優勝、ウェスタン&サザン・オープンでこそ決勝でチリッチに敗れましたが、「本当に良いテニスをしていて、ほとんどナンバー1。今はジョコビッチより上かもしれない」と錦織が語るように、今大会でも優勝候補の本命と言ってよい存在でした。

マレーはIQテニスと呼ばれる戦術眼に優れ、高い守備力を誇るオールラウンダー。 加えて世界屈指のリターナーであり、今大会は自己最速となる227キロのサーブを更新するなど、さらに進化を続けています。まさに四大大会制覇に向けて、充実した状況にいました。 対する錦織は、リオ五輪の準決勝ではマレーに完敗を喫しています。 通算の対戦成績でも、1勝7敗と錦織が大きく負け越して、苦手としている相手です。 そんなマレーとの対戦は、錦織にとって今シーズンで最も激しい試合の1つになり、一進一退、流れが行き来する激闘となりました。                                                            

試合結果 第1セット 錦織1-6マレー 第2セット 錦織6-4マレー 第3セット 錦織4-6マレー 第4セット 錦織6-1マレー 第5セット 錦織7-5マレー (試合時間3:57) マッチサマリー トータルポイント 錦織142-130マレー ネットプレー 錦織:27/39 マレー:14/25                                                 

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by zerostart
  • 2016/09/08 07:59

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

もしかして

ワウリンカがデルポトロに負けたらランキング3位が確定?
誰が試算出来ますか?

posted by かっちゃん
コメント投稿者ID:TCE00074290
2016/09/08 11:44
コメント支持(0)

錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)

ワウリンカが負けていてもナダルを上回っていないので4位でした。
ワウリンカが上がってきましたが、直接対決で勝てばキャリアハイの3位を自力で決めることができます。

posted by ch191
コメント投稿者ID:ch191
2016/09/08 15:06
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック