フットサルチームZOTTの活動記

2つのお別れ

ブラジルから帰ってきてから1回も更新できてませんでした。 日本とブラジルとで流れる時間のスピードが違うのでしょうかって思うくらい あっという間に時間が過ぎていきます。 1日1日大事にしなければですね。 今日2つのお別れがありました。 1つ目は『宮原尚大』、通称ナオです。 僕が会社を立ち上げてZOTTのジュニアの部が始まったのが2010年。 ナオは当時小学5年生でユタカやサトシと一緒に入団してきてくれました。 最初は身体も小さかったし(今もまだ小さいけど)ずば抜けた身体能力があるわけではなかったので お母さんはうちの子は大丈夫でしょうか??といつも心配されてましたが 僕はいつも自信満々に絶対に大丈夫ですって言い張ってきました。 何でかって言ったら常に僕達コーチ陣の目を見て話を聞いてくれて 言われたことをピッチ上で一生懸命やろうと繰り返してくれていたからです。 実際の試合ではフィジカルで潰されることも多々あり結果もなかなか出ませんでしたが 目先の勝敗に捕らわれず、先を見据えた指導をし続けることで 僕達の予想をはるかに超えてうまくなっていきました。 そして今ではINFANTILのU15の代表的な存在になり U12から目標とされるような選手にまでなりました。 僕たちコーチが贔屓目で見ているわけではなく ZOTTのTOPチームの選手の評価も最高級だったし 去年関東リーグでFUGAとエキシビジョンマッチさせてもらった時も 各チームの監督、選手達からも7番の子めっちゃいいねって絶賛してもらえたし フットサルを知っている人ほどナオの評価は高くなっていきました。 僕自身のフットサル経験はあっても子供の指導の経験値が高かったわけではないので ナオの成長は自分自身の指導方針の自信になっていったし 褒められれば自分のこと以上に嬉しかったです。 そのナオが今月末に博多に引っ越してしまいます。 話を聞いた時はショックすぎて なんとかナオだけこっちで生活できないかとオスカーとタカオと本気で考えて ご両親に相談しようとした時期もありました。 でもさすがに中学3年になるという人生の大事な時期に ご両親から離れさせるわけにはいかないと諦めるしかありませんでした。 本当に本当に淋しいです。 なかなか切り替えが難しいですが ナオが大学生になってこっちに戻ってきてくれる日を夢見て ZOTTをさらにいいチームにしていくしかないと思ってます。 今日は一緒に練習できる最後だったので TOPチームの選手全員からのメッセージ入りサインボールと 去年僕が公式戦で着ていたユニフォームをプレゼントしました。 ZOTTを始めて14年が経ちましたが 公式戦使用のユニフォームを誰かにプレゼントしたのは初めてです。 それくらい思い入れが強い教え子ってことです。 全国のフットサル関係者の皆様、 宮原尚大(ミヤハラナオヒロ)の名前覚えててくださいね。 数年後にナオは再びZOTTのエンブレムつけてプレーして ZOTTの名前を全国に知らしめてくれるはずです。 楽しみにしていてください。 ナオ、博多でもがんばれよ! BOASORTE!! そしてATEMAIS!! 5年生の時のナオ。 ちっちゃかったなぁ! z z 今日、僕のユニフォームを着てみんなで。写真左に寄ってますが… z タカオと3人で。 z 長くなりましたが2つ目は『巣鴨体育館スクール』です。 ジュニアチームと同じく2010年から始まって丸4年やってきた巣鴨のスクールが 体育館の改修工事のため1年間お休みになります。 また来年工事が終了次第再開できるとはいえ感慨深いものがありました。 開校当初、体育館に小学生1年に成りたての男の子とお母さんと僕だけと言うところから始まり 色んな方の協力を経て今ではキャンセル待ちが出るまでになりました。 4年間、思い出したらキリないくらい本当に色んな思い出があります。 ナオの話で長くなりすぎたので詳しくは省略しますが 指導者としての自分も巣鴨と共に成長して来れたなって思います。 半分くらいの子供が4月開校の江戸川橋校まで来てくれるとのことですが 江戸川橋まで通えなくて1年間お休みになってしまう子たちは 一時的にお別れと言うことになってしまいます。 こちらも淋しいですがまた来年元気に成長した姿で会えるのを楽しみにしてます!! 巣鴨スクールU9 z 巣鴨スクールU12 z 久々なだけに長くなりました。 水曜から子供たちを連れてスペインに行くので スペインに行ったらまた毎日のように更新したいと思います。 それでは。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by zott16
  • 2014/03/25 02:59

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック